読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハットリブログ

Creative Consideration


広告代理店クリエイティブ

→外資系エージェンシー→IT企業マネジメント

→データマーケティング・カンパニーというキャリアから考察する

今と今後のクリエイティブなど



ブランディングとはなんですか?

「好きになってもらうこと」です。

 

というのが私の答えです。

 

ちなみに師匠の著書(大ベストセラーです)では、

「(その企業・サービス・商品に結びつく)気持ちのいい体験」となっていたかと思うのですが、私が企業コミュニケーションの情報設計をするときにはもう少し単純化して、「ブランディング=好きになってもらうこと」と考えるようにしています。

 

・知っている人には好感を持ちやすい(=認知向上戦略)

・信頼出来る人が褒めていると好感を持ちやすい(=口コミ戦略)

・顔を合わせる回数が多い人には好感をもちやすい(=フリークエンシー戦略)

・自分に似た嗜好の人を好きになりやすい(=共感によるブランディング戦略)

・びっくりするとその拍子に恋に落ちやすい(=クリエイティブのインパクト)

 

こう考えていくと、さまざまなコミュニケーション施策が、マーケティングツールやフレームワークによる数字の積み上げではなく、血の通った「行ない」としてとらまえることができるような気がします(しませんか?)

 

というわけで、私の考える「ブランディング」とは

あなたの会社やサービスや商品を(できる限りあなたが好かれたい人に)

 

「好きになってもらうこと」です。